スーパーGTラインナップ「GT500編」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

4月に入ってからも忙し~(@_@)
目が回っております。

さて、そんな忙しいなかですが待ちに待ったモータースポーツシーズン到来!!
スーパーGTも4月7日に開幕します!!

という事で、今回は、GT500のチーム&ドライバーを紹介いたしますよ( `ー´)ノ

チーム&ドライバーラインナップ
車名ドライバーチーム名タイヤ
keepar TOM'S LC500平川 亮
ニック・キャシディ
LEXUS TEAM TOM'SBS
CRAFT SPORTS MOTUL GT-R本山 哲
千代勝正
NDDP RACING with B-MAXMI
6WACO'S 4CR LC500大島和也
フェリックス・ローゼンクヴィスト
LEXUS TEAM LEMANS WAKO'SBS
8ARTA NSX-GT野尻智紀
伊沢拓也
AUTOBACS RACIHG TEAM AGURIBS
12カルソニック IMPUL GT-R佐々木大樹
ヤン・マーデンボロー
TEAM IMPULBS
16MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀
中嶋大祐
TEAM MUGENYH
17KEIHIN NSX-GT塚越広大
小暮卓史
KEIHIN REAL RACINGBS
19Wedssport ADVAN LC500国本雄資
山下健太
LEXUS TEAM WedsSport BANDOHYH
23MOTUL AUTECH GT-R松田次生
ロニー・クインタレッリ
NISMOMI
24フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-RJP・デ・オリベイラ
高星明誠
KONDO RACINGYH
36au TOM'S LC500中嶋一貴
関口雄飛
LEXUS TEAM TOM'SBS
38ZENT CERUMO LC500立川祐路
石浦宏明
LEXUS TEAM ZENT CERUMOBS
39DENSO KOBELCO SARD
LC500
ヘイキ・コバライネン
小林可夢偉
LEXUS TEAM SARDBS
64Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット
松浦孝亮
Epson Nakajima RacingDL
100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴
ジェンソン・バトン
TEAM KUNIMITSUBS

タイヤ:BS=ブリヂストン MI=ミシュラン YH=ヨコハマ DL=ダンロップ



総勢15チームが年間チャンピオンをかけてガチでバトルを繰り広げます。
また、最近はタイヤメーカーもワンメイクが多いですが、スーパーGTはタイヤ競争もすごい!!

今日はここまで。
明日は、この記事に注目チーム&選手を載せますよ!!

それではお休みなさい。

私的注目チームと選手はつづきにて!!

続きを読む

スポンサーサイト

出そろった!!

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
忙しさももう少し・・・ と信じてやまないエムロックです( ;∀;)

さて、今年のスーパーGTも開幕まであと僅か。
4月7日・8日に岡山国際サーキットで行われます!!

オフィシャルサイトでも、参戦するチームと選手が発表されました( `ー´)ノ
今シーズンも熱い戦いが繰り広げられることでしょう。

今度更新するときには、もっと詳しく注目選手などを紹介したいと思います!!


モータースポーツのシーズンがくるとワクワクします!!
それでは今日はここまで。

おやすみなさい(`・ω・´)ゞ


最近寝不足なエムロックに応援を!!
あなたのポチが力になります(≧▽≦)



鈴鹿1000km観戦記② ~決勝編~

皆さん( ゜▽゜)/コンニチワ。
エムロックです。

さて、今回は決勝レースの模様をお伝えしますよ。
鈴②1

スーパーGTでは、ピットウォークというイベントがありレース前のピットの雰囲気を感じることができるんですね。(別途チケット購入が必要。)

鈴②2

めちゃゴミ!!
ピットの雰囲気を感じつどころじゃない(;´・ω・)

鈴②3
サイン会もやってます。
埼玉トヨペットの番場選手・・・。 みんカラでブロ友させていただいておりますが、握手とあいさつができました(∩´∀`)∩

鈴②4

鈴鹿の最終コーナー・・・。
1000km走って最初にここを通過するのはどのチームでしょうか。

鈴②5

人ごみに揉まれ・・・。
やっとのことで、観戦席に到着。
この日はとても暑かった ι(´Д`υ)アツィー

鈴②7
全車整列!!
グリッドウォークが開催されております。

鈴②8

鈴②10
中尾明慶くんが!!
「スーパーGT+」という番組でMCされてますね。(テレ東)
残念ながら新潟県では見ることができません。(たのむBSで復活してくれ・・・。)

鈴②11
スーパーGTでは、「ローリングスタート」という周回しながらスタートする方式がとられています。
F1のように完全にストップした状態からスタートする方式とは異なります。

鈴②12
シグナルがに変わってスタート!!
さあ、行ってこい(∩´∀`)∩

鈴②17
スタートから約3時間経過・・・。
タイヤバーストやクラッシュやらいろんなことが起きて写真とってないや(;´・ω・)
叫び疲れております。


鈴②18
クラッシュしたプリウス。
めちゃくちゃになっております。

鈴②19
斜めに落とされておりました(;´・ω・)
大丈夫なんかい・・・。

鈴②21

鈴②23
レース展開が落ち着いてきたので、グランドスタンドあたりをぶらり。
鈴鹿サーキットは、ホスピタリティが高い施設だと感じます。
富士スピードウェイよりも、家族連れ向けかな(案内看板やトイレなどがたくさん設置されております。)
あと遊園地もあるし。

鈴②24
さて、レースに戻ると GT500では地道にタイムを稼いでいた「EPSON NSX」がトップにおどりでましたΣ(・□・;)
ピットインのタイミングなどが功を奏したようですね。

鈴②26
そして、そのリードを守ったままゴール!!
約10年ぶりの優勝となりました。

鈴②27
6時間にも及ぶレースもチェッカーフラッグとともに終わりを告げます( ;∀;)

鈴②28

鈴②29
レース後は、サーキットのメインストレートを開放し今まで激闘をしていた車を間近で見ることができます。
スバルは厳しい状況のなか、7位でフィニッシュ。
なんとかポイントを取ることができました。

 鈴②30
Honda無限NSXは、ミスもあって下位に沈んでしまいました。
ジェンソン・バトンも悔しがってましたが、来年はぜひスーパーGTにフル参戦してもらいたいですね。

鈴②31
GT500の表彰台。
みんなあの暑さの中、約70℃になる車内でデッドヒートを繰り広げていたのでフラフラです。
今回は、ピットレーンで他の車に接触しそうになるトラブルが2回ありました。

普段では絶対に起こらないことですが、ものすごい暑さが原因だったのかな。

鈴②32
表彰式終了後は花火が1000kmの最後を彩ります。
さようなら1000km・・・。
来年からは鈴鹿10時間耐久レースになり世界中から集まって戦うそうな。

鈴②33
一年で一番楽しみにしていたイベントが終わってしまった。
寂しい・・・。

鈴②34
と感傷に浸っている間もなく。
すごい渋滞・・・。

ホテルに着くまで、2時間ほどかかりましたとさ。

次は、3日目「帰路につく」でございます。
また今度。

― 忍者アドマックス ―
最後まで見ていただきありがとうございます。
ちょっとポチしていきませんか?



スーパーGT第6戦 鈴鹿1000km観戦記①

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
鈴鹿にいってからすっかりもぬけの殻状態のエムロックです。

さて、今回は鈴鹿1000kmレースを観戦した模様をお伝えします。

第1回目「移動と予選日」 8月25日~26日
午後8時30分に我が家を出発!!
途中で飲兵衛を載せていざ高速道路へ。

1週間前に恵那山付近で土砂崩れがあって不安でしたが、さすがは日本の高速道路網は復旧も早い!!
ノンストレスで進むことができました。
鈴1

今回レンタルしたのは、 「プリウスα」 電子スロットルと電気ブレーキに苦戦しました(;´・ω・)

いつも乗っている車が古の技術を使っている車なのでその進化ぶりに驚きましたΣ(・□・;)

鈴2

次にビビるのはハイウエイオアシス刈谷ですね。
何とSAに観覧車がΣ(・ω・ノ)ノ!

鈴3

休みながら約6時間30分で三重県にたどり着きました。
この時は変なテンションになっております。

鈴4

無事鈴鹿サーキットに到着!!
今回でスーパーGTの一戦としての1000kmレースは最後になるためなのか、 めちゃゴミΣ(・□・;)

鈴7

朝方に雨が降りましたがサーキットに到着するまでに止んでくれてよかった(´▽`) ホッ
早朝には、ピットを開放して整備している車が見れるんですよ!!(別途券を購入する必要がありますが。)
早速、各マシンをチェック!!

鈴11
全てのチームを載せたいのですが、46チームもあるので代表的なものを載せますね。
まずは、我らがスバルBRZです!!
カッチョエー。

鈴13
Honda NSX

鈴30
LEXUS LC500

鈴34
NISSAN GT-R

鈴32
なんか食べ終わった後のカニみたい(笑)

鈴42
サーキットはとても広いので、そこかしこでイベントが行われております。
あれこれ見ているとあっという間に、予選が行われる時間になりました。

鈴43
我らがスバルBRZは頑張りましたが予選を8位で終えました。
予選前の練習走行で故障したことを考えればよく1時間くらいで直したことが偉い!!
GT300は、Vivac86 がポールポジション。

鈴44

GT500は、フォーラムエンジニアリングGT-Rがポールポジションをゲットしました。
フォーラムエンジニアリングの監督は 近藤真彦さん です。

鈴45
予選が終わった後、5名中4名がホテルに向かいました。
私は居残り車中泊をするため、車の給油と食事を買いに行きました。
周りの道路はものすごい渋滞をしておりました(;´・ω・)

鈴46
買い物を済ませ食事とってからの風景。
けっこう車中泊の方が多くて安心します(´▽`) ホッ

しかも、鈴鹿サーキットは温泉施設もあるのでお風呂にも困らなんですよ!!
お風呂に入ったら急激な眠気が・・・。

そのまま夜7時には眠ってしまいましたぁ。


本日はここまで・・・。
次回は、決勝レースの模様をお伝えします。
( ´Д`)ノ~バイバイ

― 最後まで見ていただきありがとうございます!! ―
ポチっと応援してくださると大変ありがたいでござる。





スーパーGTの魅力!!

皆さんこんにちは。
エムロックです(^_^)/

さて、8月26日、27日と観戦予定の「スーパーGT第6戦 鈴鹿1000km」ですが、皆さんにスーパーGTの魅力をお伝えするため
スーパーGTとは?を書かせて戴いております。

今回は第2回目 「スーパーGTは、車でリレーをするんだよ!?」 をお送りします。
スーパーGTは、カテゴリー的には長距離を走る「耐久レース」に属しますが(個人的見解) そのレース中には必ずドライバー交代する必要があります。

つまり、1レースで一人のドライバーが全距離を走り切ることは、ルールで認められていない事になります。
このドライバー交代が、「ドラマ」を産むんですね( `ー´)ノ

主に、
① 第1ドライバーと第2ドライバーの腕が違いすぎる。
②          〃          体重差があるとセッティングが難しくなる。
③          〃          コンビネーションが合っていない。(自分寄りのセッティングにするように我を張る。)

があるチームはなかなか勝利できません。
まさに、車がバトンのリレーなのです!!

また、交代のタイミングも各チームの戦略の分かれ目でして、ルールでは。
「1名のドライバーが総計で当初のレース距離の2/3を超えて運転してはならない。」となっていますので、このルールの許す範囲内で駆け引きを行う訳ですね(^_^)/

そして、ドライバー交代の妙技!!
ピットインでは、約1分ほど停車している訳ですが、この間もライバルは全開走行していたり同時にピットインしていたり1秒でも早くピットから出た方が良いんです!!
だから、全ての作業がスピーディー!!

しかも隙間がお風呂場の窓枠みたいに小さいので、乗り込むのも大変です。
デブチンや体が硬い人は無理っぽい(;´・ω・) (俺は完全に乗れないな・・・。)

私の文章力では、あまり表現できませんがこの1分1秒を競う競技が大好きです!!
是非機会があったら見て下さいませ。


- こちらもよろしければ是非!! -
忍者アドマックスでございます(^_-)-☆



プロフィール

エムロック

Author:エムロック
🚙性別:男
🚙好きな物:車、お城、氷室京介
🚙乗ってる車:インプレッサWRX-STI A-LINE
🚙サーキットに憧れる、30代のおっさんです。車関係や日々の記録を綴っていきたいと思ってます(*'▽')

いらっしゃいませ
最新記事
記事のテーマ一覧
お好きなテーマを選んでください!!
A8ゾーン2
各個ポチっとだぜぇ( `ー´)ノ
medi8様
おすすめサイト
澤圭太選手のHP
お友達になって下さらぬか?

この人とブロともになる

同志たちのブログ!!