FC2ブログ

お城探訪17「富山城編」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

今回は台風が来る前の週の日曜日にいった富山城のご紹介です。
前回いった小諸城のときから約2カ月、すっかり暑さが鳴りを潜めました(*^^*)
快適なお城見物でした。

では、お城の紹介です(`・ω・´)ゞ
№17:富山城
所在:富山県富山市本丸
築城年:1543年頃
主な城主:神保長職(じんぼながとも)、佐々成政、前田利次
遺構:再現天守、石垣、堀
駐車場:城内地下駐車場(有料)有、1h320円(・・・ですが、狭いので大きい車は注意!!)
入館料:大人 個人210円 団体(20名以上)170円

神保氏の居城として建てられて以降、上杉謙信や佐々成政、前田利次など、時代によって破却や再建を繰り返して
きたお城。
現在の再現天守は、昭和に再建されたもので、郷土博物館として市民の皆さんに親しまれています。

富山城1

富山城18
まずは、千歳御門がお出迎え。
これは、江戸時代から残されている物をこの位置に移設したものです。

富山城19
分かりにくいですが、前田家の家紋が入っています。

富山城3
門をくぐると天守がお出迎えしてくれます(*^^*)

富山城14
石垣。

富山城16
この積み方は、野面積みという技法が使われています。

富山城4
お城の外観はこのような感じ・・・。
さて次は、郷土博物館にレッツゴー!!

郷土博物館は、展示品が多くこの富山がいかに戦乱にさらされていたか、富山城が破却や再建が繰り返されたかが、
室町時代後期から分かるようになってました。

また、その当時の富山の人たちの暮らしぶりも学ぶことができました(*^^*)

富山城21
展示品を見終わったら天守展望台へ・・・。
天守からは、外を眺めることができます。

富山城25
うーん網が・・・(;^ω^)
安全上仕方ありませんが・・・ね。

お城以外にも、カフェや茶房があったりと、ゆっくりと楽しめる場所だと思います。
実際、博物館だけでも全部みるには、時間がかかりました。

と今回はここまで、富山城、堪能いたしました(`・ω・´)ゞ


スポンサーサイト



お城探訪16「小諸城編」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

本日は久しぶりのお城探訪!!
「小諸城」です( `ー´)ノ

訪問日は、夏の暑さが厳しい8月18日
駐車場で車から降りた瞬間からアッチー(*_*)
小諸城1

駐車は有料(500円)ですが広いです。
・・・とここでお城の概要の説明です。

№16:小諸城
所在:長野県小諸市丁
築城年:1487年
主な城主:武田信玄、仙石秀久
遺構:門、石垣、堀

ヤングマガジンでも連載されている「センゴク」の主人公のお城としても有名ですね。
小諸城2

小諸城3
まずは大手門。
立派なつくりです(*^^*)

小諸城5
明治時代には、料亭としても使われていたとか・・・。
防御力が高そうな門です。

小諸城6
次は、三の門です。
二の門は、この門をくぐったところに跡があります。

小諸城7
案内所でチケットを購入して、いざお城攻めです(≧▽≦)
さっそく石垣がお出迎え。
小諸城の石垣は「野面積み」といわれる石の積方で作られているそうです。

小諸城8
二の門跡。

小諸城9
北の丸跡。
今は、弓道場として使用されています。
地域の人達の活動の場所として使われているんですね。

小諸城10
今度は、南の丸跡。
石段を登ると・・・。

小諸城11
こちらは、広場になっています。
しかし、夕方なのにこの日は暑かった(◎_◎;)
この次の日から、雨が降り続くとは、この時は思ってもいませんでした。

小諸城12
黒門橋。
橋があるという事は(・_・)

小諸城13
お堀の跡があります。

小諸城14
本丸石垣。
これまた立派。

雰囲気としては、村上城に似ているかな。
年代が近しいのでしょうか。

小諸城15
本丸石垣の規模はかなりの大きさですね( ゚Д゚)
石垣のお城は威圧感があります!!

小諸城16
本丸の石垣を見た後は、富士見櫓へいっての景色。
やはりお城からの眺めは最高です。

以上小諸城でした。
今年は車の整備代がかなりかかってしまったので、お出かけできませんが、秋はお城探訪をしたいですね。

それではおやすみなさい。

お城探訪15「江戸城の巻」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです!!

本日はお仕事で中山間地へ出かけました。
今日も暑くてフラフラになってしまいましたよ~(+o+)

さて、今回は「江戸城」のお話し。
この日は今日より格段に暑かったですね。

江戸城2
愛車のサスペンションを替えてもらっている間にお城見物。
江戸城はとても広大なので、そこら中に往時の石垣があります。

・・・とここでお城の概要説明です(`・ω・´)ゞ

№15 江戸城
所在    : 東京都千代田区千代田
築城年  : 1457年
主な城主 : 徳川家康、徳川家光など
遺構 : 門、櫓、石垣、土塁、堀

説明不要の徳川幕府の拠点!!
中世に太田道灌が築城し、後に徳川家康が入城して将軍となってから天下普請で大改修されました。
現在は、皇居として使用されたおります。

江戸城3
お城目的で訪れる東京。
初めての巨城の雰囲気がこのお堀でも分かります。 「広い・・・。」

江戸城5
入口が見えてきました。(もうこの時点で汗だくです。)
さすがに皇居があるので持ち物検査があります。

江戸城6
持ち物検査が終わったので、お堀をパチリ☆
やっぱりデカい(◎_◎;)

江戸城9
案内看板。
天守台(メインディッシュ)はすぐそばにありそうですね。
どうやら順路を反対にきたようです。

江戸城11
門をくぐった後に振り返ってパチリ☆
「高麗門」・・・デスネ。

江戸城10
歩を進めると・・・ でっかい構造物が。
「これは、もしかして天守台か?」

江戸城14
正面にまわってみました。
これはすごい!!! 右隅の杉がチャームポイントですね(笑)

江戸城18
いざっ登ってみましょう。

江戸城19
これだけの天守台なので、さぞ天守閣はおおきかったんでしょうなぁ。

江戸城23
天守台からの景色。
それにしてもこの日は物凄く暑く、スマホが暑すぎて止まってしまい写真をとるのが大変でした(;^ω^)

江戸城24
天守台に使用された石。
さすがに天下普請ですねぇ。

江戸城27
ここで、日陰へエスケープ!!

江戸城29

江戸城30
日陰には、こんな所も。
殿中にござるぞ!!


江戸城32

江戸城34
富士見櫓に到着!!
これだけで、普通のお城では天守閣相当の造りですね。

残念ながら櫓の中には入れませんが、富士山がみえたんでしょうね。

江戸城39
天守台や富士見櫓を見たので、出口(順路では入口)へ向かいます。
それにしても、出口に向かうにつれ石垣が巨大になってきます。

江戸城40
立派な石垣。
ここが東京であることを忘れてしまいます。

江戸城42

江戸城43
「大番所」 番所の規模もすごいな(;^ω^)

江戸城45

江戸城44
中門跡。

江戸城46
中門に使われている巨石。
天守台よりデカい・・・。

江戸城53

江戸城54

江戸城57
大手門をくぐって、今回のお城巡りは終了!!
とっても良いお城でしたぁ。

大手門をくぐった先では、天守台の再建を目指す方々が署名活動をおこなっておりました。
復活した天守閣。 見てみたいっす。

以上、お城探訪江戸城編でした。
それではおやすみなさい。

お城探訪14「太田金山城の巻」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

さて、お盆も終了し夏の終わりが近づいてきましたね(;´∀`)
ちょっと寂しいですが、7月14日にサスペンションを入れ替えた後・・・。

我が第2の故郷、群馬県は太田市のお城を探訪してきました( `ー´)ノ
では、概要です。

№14 太田金山城
所在  : 群馬県太田市金山町
築城年 : 1469年
主な城主 : 岩松家純、後北条氏
遺構 : 石垣、土塁、堀、堀切

岩松氏によって築かれ、その後横瀬氏、由良氏と城主が変わり、戦国期の関東七名城の一つとして有名。
上杉氏や武田氏との攻城戦を数十回も持ちこたえた堅城である~。

金山城②
金山城跡が近づいてきましたよ。

愛車①
愛車を止めて散策に出発!!

金山城③
しばらく歩くと・・・・。
立派な建物があります。
「史跡金山城跡ガイダンス施設」 で、この城跡の周辺情報を教えてもらえます。
職員さんが言うには、もう少し上まで車で行くことが出来るとのこと・・・。

早めに聞けてよかったぁ~(;^ω^)
先ほどの駐車場にもどり専用駐車場に向かいます。

お待たせしました!!
再開です。

金山城④
ガイダンス施設でもらった案内片手に探索スタート!!

金山城13
でっかい案内看板発見。
本丸まで15分くらいで行けるとのこと。

金山城16

金山城18
西矢倉台下堀切
ここで、やってくる敵兵を迎え撃ったのでしょうか。
この部分はまだ小規模なのかな?

さらに歩を進めます。

金山城23
おっ!!
なにやら石垣のようなものが見えてきましたよ~。(ワクワク)

金山城26
ファンタスティック!!
案内によるとこれは、「物見台した虎口」とのこと。
通路の正面を石積みし、その先を見えないようにしたそうです。

金山城28
この虎口の前面には、物見台下堀切がありさらに防御力が高そうですね。
それにしても、立派な石積みだぁ(*^^*)

この先はどうなっているのか? ワクワクが止まらん!!

金山城33
さらに歩を進めると、なんだか歩きにくい箇所が💦

金山城34
馬場下通路らしいこの道路。
石をわざと凸凹に配置して、歩きにくくしてあるんですね。

転倒注意!!

金山城37
物見台下ということは、物見台もあるはず!!
ここは、見応えがあるお城だ!!

金山城40

金山城41
物見台に着!!
先ほどの虎口が真下に見えます。

ここからは攻め放題(笑)

金山城42
物見台から見る太田市内。
見晴らし最高!!

物見台から少し進むと広い場所に。
馬場曲輪らしい。(うかつにもここの写真を撮ってませんでした💦)

金山城46
馬場曲輪の終わりには、縁切りするかのように大堀切があります。

金山城49
このお城で最大の堀切・・・。

堀切を超えるとメインの大手虎口が望めます・・・が、 「暑い(;^ω^)」
この日もめちゃ暑~!! 夏のお城巡りは飲み物必須。
熱中症にお気をつけください。( 自分もふらふらになりました(+o+) )

金山城50
大手虎口
すごいの一言。
石垣は関東ではあまり見ないらしいのですが、立派な石垣です。

金山城53
高く積まれた石垣が敵を威圧します。

金山城57
再現された建物。「遺構展示施設」 往時は武器庫兼兵士の詰め所だったとのこと。

金山城58
中もきちんと再現されております。

金山城64
日ノ池。
ここで、戦勝祈願や雨乞いなどが行われたとか。

金山城69
日ノ池を超えると本丸跡には神社が建っています。
本丸到着です(^^)/

とっても見応えのあるお城でした。
もう少し涼しい季節に訪れた方が良いかも(◎_◎;)

金山城77
それと、雨対策に排水路が多いのも特徴的でしたね。
以上お城探訪記でした。

それではおやすみなさい。




あっ!!
東京でみた「江戸城」忘れてた(;^_^A

ということで、次回は「江戸城」です(`・ω・´)ゞ

お城探訪13「甲府城の巻」

皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。


毎日あついですねぇ(;^ω^)
もう暑さは十分堪能したので、もう少し落ち着いて欲しいものですね。

さて、6月に富士24hレースを見に行った帰り、躑躅ヶ崎館の付近で甲府城も近くにあることを確認!!
これは、見に行かねばと一路向かった次第でございます!!

甲府の中心地のため、駐車場はなし。
近所のコインパーキングに車をとめてレッツゴー。

では、概要です。

№13 甲府城(別名:舞鶴城)
所在  : 山梨県甲府市丸の内
築城年: 1593年
主な城主:浅野長政、徳川義直、柳沢吉保
遺構  : 石垣、堀

豊臣秀吉が徳川家康に対抗するため、甲斐の要地に築いた城。
重臣浅野長政が入城し関東を睨む重要拠点であった。
江戸時代には、徳川家の居城となる。

甲1
入口に到着!!
さすがに、重要拠点であっただけに石垣がすごい!!

甲3
堀も立派。

甲5
かなり広いぞ!!
これは、攻略がいがありますねぇ(*´▽`*)

甲6
石垣の整備中らしく工事関係者が忙しく動いておりました。

甲7
まずは、数寄屋曲輪にいってみようかな。

甲8
数寄屋曲輪跡。
本当に跡です( `ー´)ノ


甲10

甲9
数寄屋櫓の階段から数寄屋曲輪を望む。
けっこう急です(;^ω^)

この日もけっこう暑かった~。

甲13
次は本丸を目指します(*´▽`*)

甲15

甲16
石垣の積直しをした痕跡のようで二重になってます(゚д゚)!

甲22

甲20
稲荷櫓。
平成16年度に再建された櫓。
とても綺麗ですね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

甲23
本丸石垣が見えてきましたよ!!
下からかなり高低差があります。

甲24
工事中で入れないのかな?
いや、大丈夫でした( ´∀`)b

下から見ていた時は、石垣の補修かと思いましたが木柵を直していたんですね。

甲26
ここの石垣すごいぞ!!

豊臣秀吉が如何に徳川家康を恐れていたかが分かります。

甲33

甲32
いよいよ天守台!!
いざっ。

甲37
天守台から見る甲府市街は格別。
天守閣があったときは更に遠くまで見下ろせたことでしょう。

甲51
帰りは鉄門をとって帰ります。
これも、復元されておりとっても綺麗°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

甲54
真新しい門も良いものですね。

甲56
下から見上げた鉄門。
これは攻める気なくすわ・・・。

甲66
以上甲府城でした。
なかなか、高低差がうまく演出されており防御能力の高さと権威が表されております。

見どころ満載で、まだまだ載せきれませんが後は皆さんの目で確かめてみるの良いかも。
ではおやすみなさい!!
プロフィール

エムロック

Author:エムロック
40代に突入しました。
まだまだ、車を楽しみたい!!
よろしくお願いしますm(__)m

ブロ友申請お待ちしております

この人とブロともになる

お勧めブログ
A8ネット
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
テーマ別検索