がちんこ!!サーキットへの道
スーパーGTの魅力!!
2017-08-07-Mon  CATEGORY: レース観戦
皆さんこんにちは。
エムロックです(^_^)/

さて、8月26日、27日と観戦予定の「スーパーGT第6戦 鈴鹿1000km」ですが、皆さんにスーパーGTの魅力をお伝えするため
スーパーGTとは?を書かせて戴いております。

今回は第2回目 「スーパーGTは、車でリレーをするんだよ!?」 をお送りします。
スーパーGTは、カテゴリー的には長距離を走る「耐久レース」に属しますが(個人的見解) そのレース中には必ずドライバー交代する必要があります。

つまり、1レースで一人のドライバーが全距離を走り切ることは、ルールで認められていない事になります。
このドライバー交代が、「ドラマ」を産むんですね( `ー´)ノ

主に、
① 第1ドライバーと第2ドライバーの腕が違いすぎる。
②          〃          体重差があるとセッティングが難しくなる。
③          〃          コンビネーションが合っていない。(自分寄りのセッティングにするように我を張る。)

があるチームはなかなか勝利できません。
まさに、車がバトンのリレーなのです!!

また、交代のタイミングも各チームの戦略の分かれ目でして、ルールでは。
「1名のドライバーが総計で当初のレース距離の2/3を超えて運転してはならない。」となっていますので、このルールの許す範囲内で駆け引きを行う訳ですね(^_^)/

そして、ドライバー交代の妙技!!
ピットインでは、約1分ほど停車している訳ですが、この間もライバルは全開走行していたり同時にピットインしていたり1秒でも早くピットから出た方が良いんです!!
だから、全ての作業がスピーディー!!

しかも隙間がお風呂場の窓枠みたいに小さいので、乗り込むのも大変です。
デブチンや体が硬い人は無理っぽい(;´・ω・) (俺は完全に乗れないな・・・。)

私の文章力では、あまり表現できませんがこの1分1秒を競う競技が大好きです!!
是非機会があったら見て下さいませ。


- こちらもよろしければ是非!! -
忍者アドマックスでございます(^_-)-☆



スポンサーサイト
コメント6
スーパーGTとは?
2017-08-02-Wed  CATEGORY: レース観戦
皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
元気いっぱいのエムロックです。

新潟県もようやく梅雨明けし・・・。
夏本番!!

あっちー(∩´∀`)∩


さてさて、ちょくちょくスーパーGTのの話題をブログで書かせて頂いておりますが、スーパーGTってなに?
なんて方もいらっしゃるでしょう。

なので今回は、スーパーGTとは何ぞや? を書こうと思います。(簡単にね(;´・ω・) 詳しくはウィキペディアだ)

スーパーGTとは、 現在日本で最も人気があると言っても過言ではない国内最高峰のモータースポーツイベントなのだ!!
大きな特徴は、市販されている車をレースしように変更して競い合うんだよ( `ー´)ノ

それからもうひとつ!!
「GT500」「GT300」が混走していて、 同時に二つのカテゴリーのレースが楽しめるのだ( *´艸`)

GT500がGT300よりスピードが速いので、GT300を抜きながらレースをしています。
なので、両カテゴリーの特徴をうまく活かしながらの駆け引きもこのレースの魅力と言えます!!

今回はこの辺で!!
それじゃまた明日( `ー´)b

こっちも応援( `・∀・´)ノヨロシク
― 忍者アドマックスでござる。―




コメント4
スーパーGT 第4戦菅生!!
2017-07-28-Fri  CATEGORY: レース観戦
皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

先週日曜は、スーパーGT第4戦菅生が開催されました。
すご①

宮城県のスポーツランド菅生サーキット テクニカルで狭いコースが毎回波乱を呼びます。
別名「魔物が潜む」サーキットです。

すご②

すご③
GT500は、ARTA NSXが

すご④
GT300は、Vivac86がそれぞれポールポジションを獲得!!(予選は城を観に行って見られず(;´・ω・) )

すご⑤
スタート前から雨が降ったり止んだり・・・。
もうすでに荒れそうな予感(*_*;

すご⑥

すご⑦

スタート!!

まずはおとなしく始まりました。

・・・と思いきや。

すご⑧
すでに1位~4位が団子状態!!
バチバチやりあってますよ。

すご⑨
っが 17号車が破損!!
1周でリタイヤしてしまいました(@ ̄□ ̄@;)!!

すご⑩

テクニカルなコースなので、スバルBRZは調子がいい!!
4位でスタートしそのままキープしております。 (これ重要!!)

すご⑪
っとここで、1台激しくクラッシュ。

すご⑫
パーツが飛び散ってかなり 危ない( ˘•ω•˘ )

すご⑬
ここでパーツを片付けるためSC(セーフティカー)が入ります。
これがドラマの始まりだった。

すご⑭
再スタートしたが、コースめちゃ混み (@ ̄□ ̄@;)!!
お盆の渋滞のようだ。

このような中で、複数クラスで抜きつ抜かれつしているんだからレーシングドライバーってすごい!!

すご⑮
天候が目まぐるしく変わるためタイヤ選択が難しく(ドライタイヤでいくかウエットタイヤでいくか。) 
ちょっとでもタイヤの発動域からはずれるとクラッシュしてしまいます。

すご⑯
ここで2回目のSC介入。
SC中はピットインできないためこのSCが終わった後にピットインするかどうかが戦略の分かれ道です。

すご⑰
再開!!

我らがスバルBRZは、もうちょっとピットインをするのを送らせて後続を引き離しにかかります。
この時の順位は3位と表彰台が狙えます。

すご⑱
1位を死守していた車がスリップ!!

すご⑲
2位の車もコースを外れそのすきにスバルが1位に!!
「おっしゃあ!!!」 と雄たけびを上げる私( *´艸`)

すご⑳
とここで 3回目のSCが入ります( ゚Д゚)
SCが入るとすべての車の間隔が一定に整理され再開されるため、ピットインしてから1位で戻るためのマージンがすべてお釈迦に( ;∀;)

すご㉑
入るのを遅らせたチームが多かったため、SCが入る前に8位くらいだったチームにいきなり優勝のチャンスが!!

すご㉒
応援するチームが圏外に行ってしまい興味が亡くなるかと思ったけど。
GT500の優勝争いが面白かった。

すご㉓
最後まで息を吞むバトルをありがとう!!
これがスーパーGTのだいご味だってところを見せてもらいました。

すご㉔
でこんな荒れたレースもいよいよゴール。
GT300は、ゲイナーAMGが

すご㉕
GT500は、デンソーコベルコLC500が優勝いたしました。

すご㉖

すご㉗
皆さんお疲れ様でした( `ー´)ノ
とっても荒れた展開になってしまいましたが、見ていた私は満足です。

次回は、8月5日、6日の富士スピードウェイ300kmレース。
その次はいよいよ 8月26日、27日の鈴鹿サーキット1000kmレースがやってきます。

鈴鹿はいくよ!! (スバルも強いし。)
今回は長文になりました。

最後まで見ていただきありがとうございました。


― ここにいるよ( *´艸`) ―
忍者アドマックス!!
ポチ( `・∀・´)ノヨロシク




コメント7
ル・マン24時間レースとは・・。
2017-06-21-Wed  CATEGORY: レース観戦
忍者アドマックスでござる。





皆さんこんにちは。
エムロックです(^^)/

先週末行われた「ル・マン24時間レース」ですが、Jsportsで24時間生放送が実施されました。
わたしも全て見た影響で、終了後はすぐに爆睡しました(笑)

レース結果は既に出ておりますが当ブログではあらためて書きたいと思います。
そこで、レース結果を書く前にル・マン24時間レースとは何かを簡単に説明したいと思います。

ル・マン24時間レースとは・・・。

フランスのル・マンで毎年夏至にもっとも近い週末に行われる1923年から開催されている由緒ある自動車レースである。
コースは、1周全長約13kmで3分の2は一般道を使用して行われます。(なので、サルトサーキット均衡の道路は一般道なのにサーキットのようなガードレールや縁石があります。)

現在は、WEC(世界耐久選手権)の1戦に組み込まれており、F1モナコグランプリ、インディ500と並んで世界三大レースと呼ばれております。

今年はル・マンだけ参戦する車両も含めて60台がエントリーされています。
る①


その中でも、速さ別にクラス分けがされております。

LMP1
る②

LMP2
る③

LMGTEPro
る④ 

LMGTEAm
 る⑤

トヨタ自動車が参戦するのは、LMP1で総合優勝を目指しております。
総合優勝を巡って争う最大のライバルはル・マン優勝18回を誇る「ポルシェ」です。
る⑥

ドライバーラインナップも、各方面で活躍する選手が揃えられています。
る⑦ 

る⑧
特にA・ロッテラー選手は、日本のレースカテゴリーで鍛えられ優勝請負人のような選手。
本人も「日本人ドライバーとして戦っているつもりだ。」と言っているほど・・・。
心技体全てそろえた強敵です。

ル・マン24時間レースでは、過去日本人ドライバーは二人総合優勝しておりますが「日本メーカーが日本人ドライバーで」優勝したことはありません。
総合優勝は、トヨタ及び日本のレースファンの悲願なのです。



昨年は、トヨタはもっとも優勝に近い存在でした。
る⑨

る⑩
レース運びも万全で、こりゃもう優勝するな・・と

る⑪  
勝ったと思ったら負け、の厳しい世界で生きる彼らスタッフも日本人ドライバーの「中嶋一貴選手」がこのままゴールしてくれるだろうと思っていた事でしょう。(私は完全にうかれてました。)

る⑫
その瞬間、中嶋一貴選手から「ノーパワー(出力がでない!!)」と悲痛な叫びが聞こえます。
そのまま、ハイブリッドで進みますがあと1周を残してストップ・・・。
後ろを走っていたポルシェに抜かれてしまいました。

る⑬
レース残り3分の出来事でした。(23時間57分も走ってこの結果は、本当に残酷です。)

万全の体制で挑んでも、不意のトラブルで全てが水泡に帰す。
手繰り寄せて、今回はいけそうだと思っても離れていく・・・。
ル・マン24時間レースの総合優勝は果てしないロマンです。

る⑭
日本人ドライバーも6人が参戦するル・マン24時間レース!!
遥かなるロマンをぜひ皆さんにも見て戴きたい!!



最後までご覧いただきありがとうございます。
イイね!!と感じたらぜひ広告などクリックしてくださいませ。
ー忍者アドマックスー




コメント7
今週末は。
2017-06-13-Tue  CATEGORY: レース観戦
忍者アドマックス!!





皆さんこんにちは。
風邪ひきのエムロックです(;^ω^)

さあ、今週末の6月17日、18日は世界三大レースの一つ「ル・マン24時間レース」が開催されます。
世界三大レースとは、F1モナコグランプリ、インディ500、ル・マン24時間レースの3つを言いますが、先日の「佐藤琢磨」選手がインディ500を日本人で初めてチャンピオンを取りましたね。

ル・マン24時間レースは、トヨタ自動車が参戦しておりますが、ドライバーは、中嶋一貴選手や小林可夢偉選手が参戦します。
昨年は惜しくもラスト1周でリタイアしてしまいましたが、今年はやってくれるでしょう。

しかも、これで中嶋選手か小林可夢偉選手が優勝するれば、三大レースのチャンピオンを1年のうちに日本人が2つも取った事になりますね!!
夢が膨らみますね(^◇^)

J‐sportsではこの模様を24時間生放送するらしいので、体調を整えて見守りたいと思います。
がんばれ!! トヨタ!!


ポチっと応援願います。
とても元気がでますよ(^^)/




コメント7
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 がちんこ!!サーキットへの道. all rights reserved.