がちんこ!!サーキットへの道
お城探訪⑨(村上城の巻)
2017-07-25-Tue  CATEGORY: お城巡り
皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

さて、とっても久々の「お城探訪」 先週の土曜日に行ってまいりました(`・ω・´)ゞ

村上城とは?
概要は下記のとおりです。

№9  村上城
所在  :新潟県村上市二之町
築城年:16世紀初頭
主な城主:本庄繁長、村上頼勝など
遺構:石垣、堀

上杉謙信の家臣であった本庄繁長が反旗を翻した際に、約1年間も籠城戦を繰り広げた要害です。
上杉家が会津移封後、村上氏が改修を行って近世城郭へと姿を変えました。

村上①

上越市から約2時間で到着!!
久々のお城探訪でワクワクしております(^_-)-☆
※ 駐車場がせまくスペースが限られます。 お越しの際は、近所の方の迷惑にならないように注意してくださいね( ˘ω˘ )

村上②

城主居館跡。
昔、この空間に城主家族が住んでいたんですね。

村上③

村上④

一文字門跡地&登城口
村上城の本丸は、135m登った頂上にあります。
七曲り道・・・ ヤバそうだぜ(;´・ω・)

村上⑤

やっぱり厳しい!!
しかし、道は地域の方々がきれいに整備されている模様。
「感謝!!」

村上⑥

息を切らせて登る事15分。
石垣が見えてきました。 
おおっ 立派だな( `ー´)ノ

村上⑦

案内看板を見ると、「本丸」と反対側に「三の丸」があるとの事、先にこっちを攻略だ!!

村上⑧

三の丸~!!
広いけど、ロープが・・・。

どうも山百合が自生しているようで、地元の方々が保全活動をされているようです。
微妙なところは立ち入り注意!!

村上⑨

三の丸を見て看板まで戻ってくると「中世散策コース」の案内が・・・。
戦国時代の遺構がある模様です。

辛そうだけどいってみます(`・ω・´)ゞ

村上⑩

この城は門が多いですね。

村上⑪

またもや門。

村上⑫

ほぼ山道(;´・ω・)
と思ったらここは「帯曲輪」との事。
今まで見たお城にはなかったな。

村上⑬

(;´・ω・) (;''∀'') (;´Д`)
汗まみれ(笑)

ようやく本丸にたどり着きそうです。

村上⑭

手・手振れ(;´Д`)
しかし、立派な高さの石垣でした。

村上⑯

ここに冠木門があったとの事。

村上⑱

ここに柱がささっていたんでしょうか。

村上⑰

村上⑲

山百合。
きれいだね。

村上⑳
村上城本丸からの城下の景色!!
良い眺め!!

いやー 疲れたけど久々のやっぱり城めぐりは面白い!!
次はどこに行こうかな?

それじゃあまた明日。


― 忍者アドマックス ―
ポチ( `・∀・´)ノヨロシク



スポンサーサイト
コメント10
お城探訪⑧(松代城の巻)
2017-01-04-Wed  CATEGORY: お城巡り
皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ!!
エムロックです。

さて、1月2日に上田城の「大河ドラマ館」にリベンジしたわたし・・・
その足で、今年初めてのお城探訪をかましましたよ( `ー´)ノ

今回は、松代城です。
概要は下記のとおり・・・

№8  松代城
所在  :長野県長野市松代町
築城年:1558年
主な城主:武田信玄、真田信之
遺構:石垣、土塁、堀

川中島の戦いの前線基地として、築かれた城。(当時は、海津城)
江戸時代になると、真田信之が入城し近世城郭として松代城を形成した。

松代⑦
上信越自動車道の長野ICから5分ほどで到着。
駐車場は、午後5時でしまってしまいますので、注意(;´Д`)

松代⑧
駐車場から歩いていくと、裏門(搦め手側)が見えてきました。

松代⑨
指は言ってますね(;´・ω・)
在りし日の松代城の姿。

松代⑪
裏門から失礼しまーす。
名称は、「北不明門」(キタアカズモン)

松代⑩
北不明門のお姿・・・
この門が個人的には好きですね。

松代⑫
門をくぐると、周りを囲まれている「桝形」になってます。
本来は、この石垣にも壁があり四方から攻撃されることでしょう。
昨年末のNHKの実証番組でも、見事に3~4倍の人数をこの門の前で撃破しておりました(^_-)-☆

松代⑬
海津城址の碑

松代⑭
松代城下のながめ。

松代⑮
お堀。
カモが泳いでいました。

松代⑯
西門から出て、ぐるりと回ると見えてきました。「表門」

松代⑰
太鼓門斜め方向写真。
かっこいいぜ!!

松代⑲

松代⑱
橋と門の組み合わせがとてもきれいなお城ですね。
大河ドラマの一場面にぴったりです。

松代⑳
立派ですねぇ。
松代の人たちのこのお城に対する気持ちが詰まっています。

松代21
現在復元されている規模は、小規模なのですぐに回れますが、石垣や門が大変きれいな個人的には1番好きなお城です。

松代22
お城探訪は、ここでお終いです。
この付近には、川中島古戦場や妻女山など伝説の地がたくさんあります。

実は、川中島古戦場も行ったんですヨ(^_-)-☆
次回は、「古戦場探訪」でお会いしましょう。

つづく。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m
よろしければ、下の広告をクリックしてくださいませませ。



コメント2
お城探訪⑦(上田城の巻)
2016-12-25-Sun  CATEGORY: お城巡り
皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

メリークリスマスですね。
私は昨日 上田城を見てきました。
今年話題の「真田丸」の舞台ですねぇ(*´▽`*)

では、概要です。
№7  上田城
所在  :長野県上田市二の丸
築城年:1583年
主な城主:真田昌幸、仙石忠政、松平忠周
遺構:櫓、石垣、土塁、堀

言わずと知れた、「真田昌幸」の居城にして、上田城の戦いの舞台として有名ですね。
ここで、徳川勢は、2度も撃退されております。
しかし、関ケ原の戦いで西軍についてことで破城、その後仙石氏によって再建されております。

上田城①
上信越道は、ふぶいていたのでこちらのお天気も心配しておりましたが、なんと晴れ(^◇^)
だけど・・・寒い(゚д゚|||)

上田城②
寒空に浮かぶ上田城。

上田城③
駐車場付近は、公園になっており、周辺にお住いの方々の憩いの場となっています。
順路にそってお城探訪します(^-^)/

上田城④

上田城⑤
南櫓です。
この櫓は、一部岩盤に乗っかっているんですね。

上田城⑦
順路にそって歩いていると・・・
大河ドラマ館発見。

早速中に入ってみようと財布をとろうとしたら・・・
「あ・玄関に置いてきた(;゚Д゚)」
ま、まさかの財布忘れで、中にはいれず(T_T) (入場料 大人600円いります。)
何やってんだか・・・ すみません。 (平成29年1月15日までやっているそうなので、リベンジします。)

上田城⑧
仕方ないので、場内の探索を再開します。
大手門。
上田城⑨
真ん中に、大きな石があるのがわかります?
真田石と言うそうな。

上田城⑩
説明看板。

上田城⑪
大手門をくぐると・・・
真田神社が。
前来たときはなかったよな(;´・ω・)
時勢にのってますなぁ

上田城⑬
北西隅櫓跡。
元々、上田城は各隅に櫓を配置していたとか。

上田城⑫

上田城⑭
上田城の成り立ち。
家康の命で、対上杉、北条の目的で作らせたはずなのに、できた段階で真田昌幸が上杉についてしまったということが書いてあります。
海千山千の武将が鎬を削るなかで、やっぱり昌幸の智謀は群を抜いてますね(;´・ω・)

上田城⑮
百間堀
広く深い堀が、この城の防御力を上げてます。

上田城⑯

上田城⑰
本丸西櫓。
上田城⑱
西櫓から見渡す上田市街。
この季節は、3時を回るとすでに薄暗いですが、この景色はきれいだなぁと思いました。

上田城⑲
帰り際に、全景をパチリ。
日差しも出てくれて、お見送りしてくれているかのようでした。

上田城㉑
みんないい笑顔ですな。
大河ドラマと合わせて、活気がある上田城下町でした。

この後、帰りの道はふぶいておりまして。
車が塩まみれになったのは、言うまでもない(;´Д`)


最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m
よろしければ、下の広告をクリックしてくだされぇ


コメント2
お城探訪⑥(駿府城の巻)
2016-11-30-Wed  CATEGORY: お城巡り
11月28日のお話ですが・・・
前日のガズーフェスティバルの興奮冷めやらぬ中。
せっかく静岡県に来たのだからと「駿府城」にいってきました。

まずは概要です。
№6 駿府城 (平城)
所在:静岡市葵区駿府公園
築城年:1585年
主な城主:徳川家康、中村一氏
遺構:石垣、堀
パンフレット:あり
駐車場:周辺に有料駐車場あり

徳川家康が築城し、豊臣秀吉の命令で中村一氏が入城してから近代城郭への整備が行われたとのこと。
その後、将軍となった家康が入って天下普請によって大改修が施された。

カーナビに案内され目的地周辺に到着。
石垣とお堀が久々のお城巡りの気分を上げてくれます( `ー´)ノ
駿府①

車で行きたい人は、この駐車場をご利用ください。
駿府③

さて入城です。
北御門跡方向から入りました。
駿府④

北御門跡全景。
在りし日の門の姿を想像します(*‘ω‘ *)
駿府⑤

門をくぐるとそこは公園になっとりまして、広い空間が広がってます。
天守閣があったとされる跡地につきました。
駿府⑥

天守台後説明看板。
天守台後らしい付近は工事をしているのか鉄のカーテンが敷かれて入れません((+_+))
駿府⑦

がっかりしてその場を離れようとしていると、その工事現場から出てくる人達が観光客のような恰好なことに気づきました。
駿府⑧

何という事でしょう。
無料で天守台発掘作業の見学ができるではないですか(*´▽`*)
これは ナイス!!!
実は、発掘作業の見学って行ったことないんですよ。
貴重な体験ですね。
駿府⑨
スゴイ!! すごい!!
実は、天守台に関しては「江戸城より大きいんじゃない?」って言われているんですって。
敷地内には、資料展示場もあってボランティアの方が丁寧に教えてくれます。

続いては、坤櫓
駿府⑩

残念ながら資料館内部には入れず。
駿府⑪

今回のメインディッシュ「東御門」です。
駿府⑫

東御門全景。
駿府⑬

中は桝形になってます。
侵入者を殲滅!!ですね・・・((+_+))
駿府⑭

最後に徳川家康公の銅像です。
テレビの歴史番組で常連の銅像ですね。
威厳があります。
駿府⑮

と以上駿府城でした。
久々のお城巡りでとても楽しかったです。
今度は天守台が再建されたら見に来たいですね。

おやすみなさい(^^)/
コメント0
お城探訪⑤(新発田城の巻)
2016-09-18-Sun  CATEGORY: お城巡り

( ゜▽゜)/コンバンハ

今日は敬老の日!!
日頃の感謝を胸に秘め。
「お城探訪をしてきました。」 おいおい(;^_^A

しかも、敬老の日は9月19日でした・・・(;´Д`)

お恥ずかしい。


・・・さてお城の概要です。

№5 新発田城 (平城)
所在:新潟県新発田市大手町
築城年:不明
主な城主:新発田重家、溝口秀勝、溝口宣直
遺構:天守(復元)、門、櫓、石垣、堀
パンフレット:あり(入り口でボランティアの方がくれます。)
駐車場:あり 50台以上

新潟市からバイパスを使うとまっすぐ行けるので便利です(*´▽`*)
バイパスをおりて、15分ぐらいで到着。
新発田①

お城のすぐ近くに大型駐車場があるのでそこに駐車。

新発田②

アイネス新発田です。

新発田③

駐車城からとほ2~3分で城門前に到着。(山城とはえらい違いだ)
この看板は、土橋門の跡地。

新発田④
お城の全景です。
縦にながい姿から、「舟形城」とも言われているそうです。
(二の丸付近は、自衛隊が使用しているため入れないようです。・・・残念(´・ω・`)

新発田⑤
土橋門の説明。
この土橋門と表門とお堀を合わせて進入してきた敵を撃退する「桝形門」の代わりを成していたとの事。(ふむふむ)

新発田⑥
表門。(威厳があります。)
同じく新発田城にある旧二の丸隅櫓とともに新潟県内で唯一の江戸時代から残る城郭建造物だそうです。

新発田⑦
場内では、順路案内板があるのでそのとおり巡ってみましょう。

新発田⑧
辰巳櫓です。
平成16年に復元されました。(中にも入れるのでぜひ、訪れたらご覧くださいマセマセ)
新発田の人たちの熱意が感じられます(#^^#)

新発田⑨
辰巳櫓外観。

新発田⑩
三階櫓(平成16年復元)
当時の天守に相当する櫓です。(天守と名乗ると幕府に睨まれるので、三階櫓と呼んだのだそうです。 いつの時代も権力者には逆らえませんからね。)
全国で唯一、3匹のシャチホコが乗っている櫓です。

新発田⑪
3階櫓全景。
辰巳櫓とちがって、腰壁を海鼠壁で覆っており、格式の違いを表しています。
今の位置は、旧二の丸でもともと隅櫓があった場所なのだそうです。

新発田⑫
新発田藩初代藩主 溝口秀勝公像
新発田藩の歴代藩主は、名君ぞろいで領民からも大明神として祀られるほど、産業や学問を広く一般庶民まで奨励した藩だそうです。そのおかげなのか、外様であるにもかかわらず、改易や移封されなかったそうです。 スゴイ!!

新発田⑭
表門の橋から、三階櫓を望む。
やっぱり、櫓と石垣とお堀の風景はいいですね。

新発田⑮
同じく、表門橋上から辰巳櫓を望む。

新発田⑯
堀の外からの三階櫓

新発田⑰
同辰巳櫓。
お城巡りコンプリート!!!

ここで時刻は12時14分(お昼の真っ最中じゃないですか。 ・・・ おなかが空いた。)
せっかく新発田まで来たのだから、どこかで食べていこうかなとさまよい歩いていると・・・。

新発田⑱
「みやむら」というお食事どころを発見。
どうやら、新発田名物「もつラーメン」なるものがあるそうです。

なので、もつラーメンを頂きました。
写真はありませんが、「モツ煮」の中にラーメン入っているイメージでいたんですが、全然ちがいました。
写真は、「食べログ」などで乗っていると思うので、気になった人は確認してください。


以上、お城探訪でした。
















コメント4
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 がちんこ!!サーキットへの道. all rights reserved.