「がちんこ!! サーキットへの道」へようこそ!!

このブログは、私がインプレッサWRXを手に入れてことを機に「サーキットにデビューしよう」と思い立ったことから始めました。
また、サーキットとは関係ないことや日常なども書いていこうと思ってます。

目標は、50代までに「ニュルブルクリンク24h」に参加できるようになる事!! です。
目標までは遠いけどなんとか行けたらいいなと思ってます。

ぜひ応援してくださいませ。
※ 本文は下から始まりますよ(これはトップページです。)
スポンサーサイト
2037.06.18 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
― 忍者アドマックス ―
ポチリとクリックしてくだされ。








皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

日曜日の夜は、ちょっと憂鬱ですね。
先週の金曜日に「奇跡のレッスン」という番組を観ました。

「奇跡のレッスン」
Eテレ
毎週金曜午後10時~

中学生の部活動に世界の一流コーチがやってきて指導をするという内容の番組。
数回見ておりますが、毎回泣きます。

この番組を見ていると感じるんですが。

① けっして怒鳴らない。
② 基本の動きを習得するための練習量はとても多い。 (正しい動きを教えることができる。)
③ 正しい動きをするためには、どうすればいいか選手たちが考えて直せるように考え方を教えてくれる。
④ 正しい動きをした場合は、本人と一緒に喜ぶ。
⑤ 結果、練習自体はとても疲れるはずなのに、最後まで笑顔で選手たちがついてくる。
⑥ 顧問の先生の考え方を変えてくれる。(これ大事)

たった1週間ですが、最後はみんな涙でお別れします。
その時は、私も涙腺が崩壊します( ;∀;)

私は部活などで、そのスポーツが嫌になった口なのでこの奇跡のレッスンは本当に感動します。(本当は指導者のせいで、その競技が悪いわけじゃないんだけどね。)

頭の中で中学生の時に、体育館に響き渡るバレー部顧問の怒鳴り声が思い出されます。
その時の同級生は、みんな卒業後バレーをやっていないのは言うまでもない。

以上エムロックでした(`・ω・´)ゞ


― 忍者アドマックス ―
下もありますよ!!
ポチっとしていただくとありがたい!!





2017.06.25 Sun l 日記 l コメント (0) l top
― 忍者アドマックス ―






皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです!!


本日、職場のネット環境がダウンいたしました。
FAXも使えなくなりました( ;∀;)

NTTさんに復旧をお願いいたしました。
文書は手渡し(笑)

疲れました。
ネットやFAXが普及する前の時代は、そんなに不便に感じなかったはずですが、今は1日でも使えないと不安になりますね。


早期復旧を願います。


職場はダウンですが、自宅は快適!!
下の広告をポチっとお願いします。



2017.06.23 Fri l 日記 l コメント (8) l top
― 忍者アドマックス!!-





皆さん( ゜▽゜)/コンバンハ。
エムロックです。

本日は、健康診断に行ってきました。
血液検査などは結果待ちですが・・・。

腹囲、体重ともに順調に育ってますね(;´・ω・)
今も成長期?

30代に入るとなかなか体重が落ちなくなると巷でいわれてますが、本当に減らなくなる模様・・・。
運動しなければ・・・。 と決意したはずの去年。

はや1年経過しました(;^_^A
今年こそは・・・。

と密かに思うエムロックでした。


当ブログをご覧いただきありがとうございます。
よろしければ、ポチっと応援お願いいたします。




2017.06.22 Thu l 日記 l コメント (5) l top
忍者アドマックスでござる。





皆さんこんにちは。
エムロックです(^^)/

先週末行われた「ル・マン24時間レース」ですが、Jsportsで24時間生放送が実施されました。
わたしも全て見た影響で、終了後はすぐに爆睡しました(笑)

レース結果は既に出ておりますが当ブログではあらためて書きたいと思います。
そこで、レース結果を書く前にル・マン24時間レースとは何かを簡単に説明したいと思います。

ル・マン24時間レースとは・・・。

フランスのル・マンで毎年夏至にもっとも近い週末に行われる1923年から開催されている由緒ある自動車レースである。
コースは、1周全長約13kmで3分の2は一般道を使用して行われます。(なので、サルトサーキット均衡の道路は一般道なのにサーキットのようなガードレールや縁石があります。)

現在は、WEC(世界耐久選手権)の1戦に組み込まれており、F1モナコグランプリ、インディ500と並んで世界三大レースと呼ばれております。

今年はル・マンだけ参戦する車両も含めて60台がエントリーされています。
る①


その中でも、速さ別にクラス分けがされております。

LMP1
る②

LMP2
る③

LMGTEPro
る④ 

LMGTEAm
 る⑤

トヨタ自動車が参戦するのは、LMP1で総合優勝を目指しております。
総合優勝を巡って争う最大のライバルはル・マン優勝18回を誇る「ポルシェ」です。
る⑥

ドライバーラインナップも、各方面で活躍する選手が揃えられています。
る⑦ 

る⑧
特にA・ロッテラー選手は、日本のレースカテゴリーで鍛えられ優勝請負人のような選手。
本人も「日本人ドライバーとして戦っているつもりだ。」と言っているほど・・・。
心技体全てそろえた強敵です。

ル・マン24時間レースでは、過去日本人ドライバーは二人総合優勝しておりますが「日本メーカーが日本人ドライバーで」優勝したことはありません。
総合優勝は、トヨタ及び日本のレースファンの悲願なのです。



昨年は、トヨタはもっとも優勝に近い存在でした。
る⑨

る⑩
レース運びも万全で、こりゃもう優勝するな・・と

る⑪  
勝ったと思ったら負け、の厳しい世界で生きる彼らスタッフも日本人ドライバーの「中嶋一貴選手」がこのままゴールしてくれるだろうと思っていた事でしょう。(私は完全にうかれてました。)

る⑫
その瞬間、中嶋一貴選手から「ノーパワー(出力がでない!!)」と悲痛な叫びが聞こえます。
そのまま、ハイブリッドで進みますがあと1周を残してストップ・・・。
後ろを走っていたポルシェに抜かれてしまいました。

る⑬
レース残り3分の出来事でした。(23時間57分も走ってこの結果は、本当に残酷です。)

万全の体制で挑んでも、不意のトラブルで全てが水泡に帰す。
手繰り寄せて、今回はいけそうだと思っても離れていく・・・。
ル・マン24時間レースの総合優勝は果てしないロマンです。

る⑭
日本人ドライバーも6人が参戦するル・マン24時間レース!!
遥かなるロマンをぜひ皆さんにも見て戴きたい!!



最後までご覧いただきありがとうございます。
イイね!!と感じたらぜひ広告などクリックしてくださいませ。
ー忍者アドマックスー




2017.06.21 Wed l レース観戦 l コメント (7) l top